ねもふぃら

旧ハナスウヒです。ハーバリウムとルノルマンカード・数秘・タロット鑑定やってます。

朔日詣り、若い頃知らずにやってた件〜太宰府天満宮の思い出〜

f:id:hana_su-hi:20181102132100j:imagef:id:hana_su-hi:20181102132106j:imagef:id:hana_su-hi:20181102132112j:image

毎月1日は、特にFacebookで「朔日詣りしました」という投稿が多いなぁと思ってたのですが...ふと、「あれ?そういえば、昔の職場でやってたな」ということに気づきました😅

 

 

...それは、1月(会社が正月休みですからね)以外の毎月1日に会社に7時半集合で、太宰府天満宮にお詣りに行くというもの。

 

お詣りの後に、参道のお店でプチ豪華な朝食があるのです💕(その朝食代は、給料日に社員旅行の旅費と共に、積立として徴収されてましたw)

 

当時、20代前半〜半ばの私にとっては...毎月1日が憂鬱で😱

 

ただでさえ、朝弱いのに...でも、朝食食べないと積立がぁ〜‼️と思いながら、渋々参加していたものです😅

 

当時、先輩方に「なぜ、毎月1日に太宰府天満宮に行くのか❓」と質問しても「それがこの営業所の伝統だから。宗像(営業所)も一緒。(もちろん宗像大社へ朔日詣りがあったらしい)」との答え💦

 

しかも、本社や他の営業所の人達からは「あの営業所は、学問の神様に商売繁盛とか、お門違いのお詣りしてるから成績がイマイチなんだ」と揶揄されてるらしいと知り...😅😅😅

 

たしかに、菅原道真さんって、右大臣にまで出世したのに最終的には、ここ(太宰府)に左遷されちゃった人だもんね...💦

 

しかも怨霊にまでなってしまって😱😱😱

 

そう言われたら、太宰府天満宮って...会社勤めの人が仕事のことをお願いするのには向いてないのかもしれない🤔

 

それを考えると、ますます憂鬱感が増したものでした😫😫😫💦💦💦

 

でも毎月行くうちに、咲いている季節の花🌸が変わってたり、太宰府天満宮での行事(今だったら七五三とか)で季節を感じたりという楽しみ方ができるようになってきたなぁと思います☺️

 

...ただ、誰か1人が電話番で、営業所に残らないといけないのですが、その時はただの仕事の早出(だからと言って早く仕事を上がれるわけじゃない)という現実でしかありませんでしたけど🤣🤣🤣

 

その当時、ちゃんとその意味を知ってお詣りできてたら、もっと違った気持ちで行けたのになぁと、今なら思うのです👀

 

あ、でも、一緒に働いていた皆さんは、本当にみんないい方ばかりで、いつも助けていただいてて、アットホームな雰囲気の楽しい職場でしたよ💕

 

ただ当時、誰もそういうことに関心がなかった(知らなかった❓考える余裕がなかった❓)だけなんだろうなと思うのです☺️

 

当時のごく普通の風潮だったのかなぁと

 

あの当時としては、「どうして、毎月1日は、太宰府天満宮にお詣りに行かないといけないんですか❓」とか聞く私が、きっと変だったのでしょう...💦(今思えば「コイツ、会社の決まりには、黙って従えよ‼️」くらいに思われてたのかも⁉️👀💦)

 

久しぶりにその当時の職場の方達に会ってみたいような、みたくないような...(だって、20代の頃の私のイメージのままでいて欲しいし🤣🤣🤣...今、会って「年相応にババァになってるな」と思われるのは嫌だ💦)