ねもふぃら

旧ハナスウヒです。ハーバリウムとルノルマンカード・数秘・タロット鑑定やってます。

ごめんなさい💦大反省〜PARTⅢ〜

f:id:hana_su-hi:20190701163038j:image

私達のような、

高校進学時:バブル期

→三高の結婚相手を捕まえるため、女子も四大卒でいい就職先に潜り込んで、25歳くらいに(まだ当時は、女性の婚期=クリスマスケーキの説時代でしたから...今なら、セクハラど真ん中)幸せな寿退社を目指す✨

(私はこの時点では、学校の先生になるつもりでしたので、当てはまりませんが...結婚して子どもを産んでも、元どおり職場復帰して男性と同じ給料を貰い続けられると親に言われて、いい職業なんだと信じ込まされてました)

 

大学卒業後:就職氷河期

→四大卒文系女子は1番いらない人材

(教育実習で、私達の子供の頃の学校🏫とは全く違う場になってしまっていることに気付いてしまい「学校の取り巻く環境は、先生として働く自分のためにも、子供達や親達にとっても厳しいものになってるし、これから改善するどころか、ますます悪くなりそうだ...そんな中、何年かけて合格するかわからない競争率の高い教員採用試験に人生を費やす価値はあるのか❓」とどうしても疑問を感じてしまい、普通に就職する道を選びました)

 

...意外としっかり大真面目に将来のことを考えてたでしょう❓若い頃の私www

 

 

それを経ての私の

「今やりたい事を大切に」

という持論が通じなくて常にどこかモヤモヤしてました。

人生は一度きりなのに。

 

私はそんな時代の中、中学生の頃にたまたま近所の本屋さんで手に取ったタロットのカードとセットになった本が、紆余曲折を経て今に繋がってるから。

 

それに、その当時にはなかったハーバリウムは40歳過ぎて出来た物だから、

 

15歳の時に自分の意思では出会いようがなかったのです。

 

だから、今何になりたいかって14〜15歳で自覚して、決まるわけがないんですよね😅

 

あ、でも母が私の高校受験の時にママ友さん達と占い師さんの所に出向いたらしく、「お嬢さんは、40過ぎくらいになったら占い師になるよ」と言われて帰ってきたようで、母は不服そうでしたが、私はちょっとワクワクしちゃいました(笑)

 

今は、自分の人生通りに生きられてますよ✨

 

...私がレアケースだから、しょうがないのかな❓😅